キャバ嬢になる前に。意外と多いピンチの場面とその対処法について知っておこう

ここ数年、キャバ嬢の社会的地位や周囲からの認識も激変しており、今ではキャバ嬢として働いていることを隠すこともなくオープンにする人も増えています。当然、今でも水商売というイメージは残っており、あまり公表はしていないという方もいるかと思いますが、若い女性の間では、水商売色もなく憧れの職業と考えている人までいるそうですね。
しかし、キャバ嬢に憧れを持っている方の多くは、実際に入店してみると、考えていた仕事内容とはかなり違い、ピンチに陥ってしまうことが少なくありません。こういった方の多くは、キャバ嬢は、綺麗で華やかなドレスを着て、お客様の相手をしていればたくさんお金がもらえるのだと単純に考えている人が多く、入店してから体を壊したり、精神的に参ってしまったりする人を何人も見ています。
もちろん、人気キャバ嬢ともなれば、他の仕事ではありえないぐらいのお給料を稼ぐことも不可能ではないのですが、それはほんの一握りで、大半のキャバ嬢はそこまで稼ぐことはできないと理解したうえで入店後の努力をしましょう。本稿では、何も分からない状態で、初めてキャバ嬢として働く方が陥りやすいピンチの場面と、その対処法についていくつかご紹介したいと思います。事前に「こういうことがあるのか…」と分かっていれば、上手に受け流すことができるようになると思います。

キャバクラはセクハラは当たり前?

キャバクラに行ったことが無い女性であれば、キャバクラは紳士的なお客様と楽しくトークを楽しむお店などと考えていませんか?はっきり言っておきますが、キャバクラは紳士的な対応をしてくれるお客様の方が少ないと考え居た方がいいです。それどころか、一般社会の中で明らかにセクハラ扱いをされるような事を「言われる・される」ことなど日常茶飯事ですので、直接的なお触りなど直接的なセクハラ以外は上手に受け流せるような下ネタ耐性は必須です。
お客様は基本的にお酒が入っている状態ですので、それを理解したうえで「ある程度セクハラは受ける」と覚悟したうえで働くようにしましょう。

セクハラ質問も上手に受け流して

キャバクラでお客様を接客するときには、「最近はいつエッチしたか」「SなのかMなのか」「胸のサイズ」などなど、通常はセクハラ認定されるような質問が当たり前のように行われます。しかし、あからさまにエグイ下ネタ質問だとしても、それを「セクハラですよ!」と怒ってみたり、露骨に嫌な顔を見せるのはNGです。そんな時でも心の中でグッと我慢し、「なんですか、それ〜」などとニコニコ軽く受け流すようにしましょう。
中には下ネタ耐性が強すぎて「昨日エッチしましたよ」なんて答える子もいますが、お客様によっては逆に引いてしまう可能性があるので、あまり真面目に答えるのも良くありません。お客様はどちらかというと、キャバ嬢の困った顔を見たい、どうせ答えてくれないけど場を盛り上げたい程度にしか考えていませんので、逆に「ボトル入れてくれたら教えてもいいですよ(笑)」など冗談で返すぐらいの対処が良いと思います。ただし、中にはしつこくセクハラ質問をしてくるようなお客様もいて、いい加減下ネタの度が過ぎてげんなりしてきた時などは、「◯◯さんみたいな格好良い人は下ネタ言わなければ完璧なのに〜!」というように、お客様を褒めつつも下ネタを自重するようやんわりと伝えてみると良いでしょう。
他には答えづらいセクハラ質問は、うーん特に思いつかないなぁ、◯◯さんは?」というように自分の回答を濁しつつ全く同じ質問をするなど、オウム返しにするのも効果的です。

直接的なセクハラはお店に相談

上記のようなセクハラ質問は、うまく対応すれば場も盛り上がるので、お客様にも楽しく過ごしてもらえるようになる可能性があります。しかし、下ネタをぶち込むお客様の中には、次第にエスカレートしてしまい、ついつい女の子にボディタッチしてきたりする人も少なくないです。
当然、キャバクラはお触り禁止がルールなので、「お触りはダメですよ〜」と笑顔でやんわりと注意したり、それでもしつこく触ってくるならボーイさんに助けを求めても良いでしょう。本気で怒ったりするとトラブルの元なので、ここはグッとこらえてボーイさんや店長の対応に任せるようにしてください。
あまりにも過激な下ネタには笑顔でちょっと注意してもいいですが、下着の色についてなどソフトな下ネタについてはあまり神経質になりすぎず、軽くあしらう程度のテクニックを身に付けておくと安心です。
ちょっとした下ネタにもNGを出してしまうと「つまらない子」と思われてしまいます。

稼ぐためにはボトルの対処法は知っておこう!

ほとんどのキャバクラ店では、お客様にシャンパンやワイン等のボトルを入れてもらうと、その時接客していたキャバ嬢には「ボトルバック」として入れてもらったボトルの金額に応じてお給料がプラスされます。つまり、キャバ嬢として稼ぎたいと考えている場合、お客様にボトルを入れてもらえることがかなり生命線となってきますし、多くのキャバ嬢はお客様に少しでも多くor高額なボトルを入れてもらえるよう必死に接客をするわけです。
今からあなたがキャバ嬢になって稼ごうと考えるのであれば、このボトルの対処法は知っておかなければいけません。

ボトルもピンからキリまである!

キャバクラのボトルと言えばシャンパンですが、一口にシャンパンと言ってもピンキリで1万円のリーズナブルなものから1本50万円以上もする高級シャンパンまで幅広い種類が存在しています。こういったボトルを入れてもらえれば、上述したように何割かが女の子のお給料となるため、誰もがいかにしてボトルを入れてもらおうか?どうやって高額なものを入れてもらおうか?と考えるものです。
お客様にボトルを入れてもらう時には、まずお客様の懐具合を知っておかなければうまくいくことも難しいものです。当然、あまり予算を持ていないお客様に何十万もするボトルをおねだりした場合には、引かれてしまいますし、あなたから離れていってしまう可能性が高いです。そのため、懐具合が寂しそうなお客様には、わざと一番安いボトルを指定して「今これが飲みたい気分~」などと、自分が「飲みたい」ということを強調するのが良い方法です。すると、お客様も女の子の依頼だからと安いものでも頼んであげたという十世紀が残るわけです。もちろん、地位のある人はその分稼いでいることも多く、何も言わずとも高いボトルを入れてくれることが多いですが、あなたから高いボトルをしつこくおねだりするのはNGですよ!
安いボトルばかりを飲むお客様を軽視してしまう子も多いのですが、安くてもボトルを入れてくれるお客様を多く獲得する方が結果的に稼げます。ボトルを頻繁に入れてくれるお客様は値段に関係無く大切なお客様として精一杯おもてなししましょう。
おねだりをする時は「あなたと飲めて嬉しい!」と伝えることも大切ですが、ドリンクを何杯も頼むよりもボトルにした方がトータルでお得になるとお客様側のメリットも伝えてあげると頼みやすいと思います。

キャバ嬢は病んでしまう人が少なくない!

キャバ嬢のお仕事は、夜型のお仕事ということや、お酒の入った人の相手をするおs魏ごとということもあり、肉体的にも精神的にも大変ことが多いです。そのため、体を壊してしまうという以外にも、精神的に参ってしまい、心の健康が乱れてしまう人が少なくありません。当然、精神的にまいってしまうと、お仕事を続けることが難しくなりますし、キャバ嬢を辞めた後でも後遺症に悩んでしまうなんてことにもなりかねません。
キャバ嬢として働こうと考えているのであれば、「精神的に辛いことも少なくない」ということをきちんと認識し、精神を病むことが無いようにお仕事が続けられるよう対策をたてておきましょう。

まずは何にストレスを感じるかを発見

精神的に病んでしまう原因は、やはり仕事上のストレスが一番だと思います。特に突き詰めていくと、お客様に関することで追いつめられるほどのストレスを感じる子が多いようです。
キャバ嬢はどんなに嫌に感じるお客様でも、余程のことが無い限りある程度の我慢をして接客しなければなりません。その方が本指名客なら売上にも関わってきますから、なおさら無下な扱いが出来ないのです。こうした無理が積みに積み重なって病んでしまう・・・そういう子はやはり多いですね。
当然ですが、精神的にまいってしまっている場合には、良い接客などできませんし、そのせいで自分の売り上げも下がってしまい、お店からのプレッシャーやお給料の少なさでさらに病んでしまう…など一度病んでしまうと負のループから抜け出せないのもキャバ嬢の特徴です。したがって、キャバ嬢として働くときに病んでしまわないようにするには、自分がお仕事関係の中で『何に?』ストレスを感じるのかを明確にし、それを理解することがとても重要です。わかったとしても、ストレスを全く感じなくするようにできないかもしれませんが、何もわからずに働くよりも圧倒的に気持ちが楽に働けるはずです。そして、ストレス原因がわかれば「もう我慢できない…」なんて追い込まれる前にお店に相談するなどの対処ができるようになります!

ストレスのコントロール方を探そう

上述のように、ストレス原因が理解できたら、次はそのストレスを上手くコントロールする方法を考えていきましょう。
例えばとにかく嫌な指名客がいるというのなら、思い切って関係を切ってしまうのも一つの方法です。
確かに売上げは一時的に下がってしまうかもしれませんし、穴埋めとして再び新しい指名をゲットしなければですので気が重くなるかもしれません。しかし意外にも、これで「あのお客様は自分にあわなかっただけだ」「もうあの人は関係無いし、新しいお客様を頑張って見つけよう!」と前向きになる子も多いのです。
もちろん切ってしまうことで更なる重いストレスになってしまう子もいますから、自分の性格をよく考えてどうするのがベストかを考える必要があります。
ストレスをコントロールするのに大切なのは、自分の性格を知って「得意」「不得意」を理解することです。無理して周りと同じ方法で営業、接客しなくても、自分が得意と感じることを伸ばして不得意をカバーしていくようにすると、ストレスも最小限に抑えられて仕事も上手くいくことが多いですよ。

まとめ

今回は、初めてキャバクラで働くことになった人が陥りやすいピンチとその対処法についてご紹介しました。本稿でご紹介したように、キャバ嬢は決して誰でも楽に、楽しく稼げるようなお仕事ではなく、肉体的にも精神的にもかなり負担を強いられることが多いお仕事です。したがって、その辺りを何も考えずに入店してしまうと、思っていたお仕事と違う…予想と違って全く稼げない…生活ができない…なんてことになりかねません。
自分の将来のため、一時的にキャバ嬢として稼ごうと考えている人は、その将来までが閉ざされないように、きちんとキャバ嬢の本当のお仕事内容をいろいろ調べて、「自分に出来るのか?」ということをよく考えてから行動に移すのがオススメですよ!

お役立ち用語集
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

New Arrival Work

新着高収入求人

no image

姉キャバ大阪

『姉キャバ大阪』が梅田にOPEN!!お昼も営業しているお店...

no image

[PR] ヴィヴィッド・クルー 十三店

時給5000円保証!待機カット、連絡先交換無し、逆に無料託...

no image

CLUB ONE (ワン)

お客様の層は落ち着いた大人な男性!わいわいした雰囲気が苦手...

no image

椿 (ツバキ)

未経験者さんのデビューにも最適!居心地の良さも保証します!...

no image

Act (アクト)

【笑顔】がお店のコンセプトです!...

no image

Alice (アリス)

\女の子への還元率エリアNO.1を目指し中/売上折半制あり...

no image

club Rust (ラスト)

募集終了...

no image

Barratier (バラティエ)

Wワークに!各種バックが超充実しているから、短時間でもしっ...

How To BMW

BMWをうまく使ってバイト探し

ダブルワーク・副業希望や、旦那にばれない範囲でこっそり働く、日払いですぐにお金をもらう。体験でも正規の給与や体験だからこそもっと時給が高い職場もあり。ジャンルも、ガールズバー、スナック、ラウンジ、キャバクラから、セクキャバや風俗など幅広く掲載。これさえ見れば、高時給・高収入の求人情報はもう大丈夫!

集中して短期的に稼ぎたい女性も期間を決めて、ガッツリ働きたい女性もみんないらっしゃい!今すぐあなたにあったお仕事を探しましょう。

梅田、難波(なんば・ミナミ)を中心に、新大阪、西中島南方、十三、東三国、北新地、淀屋橋、北浜、京橋、都島、天満、南森町、本町・谷町、心斎橋、日本橋、天王寺、桜川、堺、岸和田など、大阪全域のお仕事情報満載です!

30代から60代まで大人の女性が活躍できる、大阪の高収入バイト専門サイト、ビューティーマダムワークで今すぐお仕事検索!

Popularity Work

人気の高収入バイト

no image

姉キャバ大阪

『姉キャバ大阪』が梅田にOPEN!!お昼も営業しているお店...

no image

[PR] ヴィヴィッド・クルー 十三店

時給5000円保証!待機カット、連絡先交換無し、逆に無料託...

no image

CLUB ONE (ワン)

お客様の層は落ち着いた大人な男性!わいわいした雰囲気が苦手...

no image

椿 (ツバキ)

未経験者さんのデビューにも最適!居心地の良さも保証します!...

no image

Act (アクト)

【笑顔】がお店のコンセプトです!...

no image

Alice (アリス)

\女の子への還元率エリアNO.1を目指し中/売上折半制あり...

no image

club Rust (ラスト)

募集終了...

no image

Barratier (バラティエ)

Wワークに!各種バックが超充実しているから、短時間でもしっ...